1. トップページ >
  2. 連合会の活動 >
  3. 広告審査会 >
  4. 広告審査会について

連合会の活動

広告審査会について

広告審査会の役割
  医薬品は、人の生命と健康を守るものといった商品特性を考えれば、その広告についても一般消費財とは異なる倫理観が強く求められ、手法および表現内容には自ずと制約があることは言うまでもありません。
医薬品の広告は、生活者の方々に医薬品の適正使用を促すための情報であって、誤用を招いたり、安易な使用による乱用・連用を促すようなものであってはなりません。
このため、医薬品広告の適正化については、法的規制として、薬事法、医薬品等適正広告基準が、また、業界の自主規制として日本OTC医薬品協会による一般用医薬品等の広告自主申し合わせがあります。
日本一般用医薬品連合会では、医薬品広告の適正化をめざして広告審査会を設置し、医薬品広告の事後審査を行っています。

PAGE TOP

広告審査会メンバー
  広告審査会のメンバーは以下の通り、古澤委員長をはじめとする4名の第三者委員の先生の意見を中心に、メーカー選出の委員も含めて広告の適合性について意見交換を行い、判断を下しております。

委員長: 古澤康秀
第三者委員: 堀 美智子(日本女性薬局経営者の会)、小山 千穂(㈱チャンゴ・ジャパン)、
石崎 徹(専修大学)
委員: 陣野 重也(アリナミン製薬㈱)、奥津 香里(エスエス製薬㈱)、
栗田 宏一(クラシエ製薬㈱)、三野 健一郎(興和㈱)、青山 信也(小林製薬㈱)、
川庄 尚(佐藤製薬㈱)、田中 巌夫(第一三共ヘルスケア㈱)、
白鞘 敬文(大正製薬㈱)、黒瀬 剛(㈱ツムラ)、友田 光泰(㈱富士薬品)、
石田 真一(ライオン㈱)、秋田 幸子(ロート製薬㈱)、
望月 克彦((一社)日本臨床検査薬協会)

PAGE TOP